3年で30万人が移行 廃止の適格年金から中退共 勤退共集計・20~22年度

2012.04.02 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 勤労者退職金共済機構は、法人税法の規定により平成24年3月31日に廃止された適格退職年金から中小企業退職金共済への移行状況をまとめた。移行加入者数は、20~22年度の直近3年間で30万人を超えている。

 適格退職年金は、3月31日で廃止され、引き続き税制上の優遇措置を受けるためには、他の企業年金制度へ移行し、資産移管を完了する必要がある。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年4月2日第2867号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。