ドナー休暇 今年だけで76社増加 特休や積立年休活用

2019.09.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 

骨髄バンクは手引作成へ

 骨髄提供のための特別休暇である「ドナー休暇」を導入した企業が今年だけで76社も増えている。合計は422社に上る。背景に競泳の池江璃花子選手の白血病公表がある。婚礼大手の㈱ノバレーゼは8月、社員に10日間の特別休暇を付与するかたちで制度を開始。㈱東邦銀行は積立年次有給休暇の取得事由にドナー提供を追加した。公益財団法人日本骨髄バンクは今後、1万社にアンケートを実施し、企業向けの導入マニュアルを作成予定とした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年9月2日第3223号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ