挑戦できる環境を SDGs浸透で提言 同友会 

2019.08.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経済同友会(櫻田謙悟代表幹事)は「企業と人間社会の持続的成長のためのSDGs~価値創造に向けて、一人ひとりが自ら考え、取り組む組織へ~」と題する提言をまとめた。SDGs(持続可能な開発目標)を企業にどう取り込むかを示している。

 組織文化に落とし込むためには、経営者自身が深い理解を前提に自らの言葉で発信し、現場や社員の共感を求めるのが重要と指摘。そのうえで、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和元年9月2日第3223号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ