【特集2】突撃!体感教育 新人レポーターが安全帯ぶら下がり 回転ロールの危険も学ぶ/MC興産

2016.10.16 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 現場に不慣れな新人は危険に対する感受性が低く、危険を危険と気づけない傾向にある。危険感受性を向上させようと、最近では擬似的に労働災害の恐怖を経験する体感教育が隆盛だ。特集2では、真岡製作所(栃木・真岡市)のグループ企業であるMC興産が手掛ける「安全体感技塾」協力のもと、製造現場の危険に〝不慣れな〟新人レポーターが労働災害の怖さに触れる様子をお伝えする。回転ロールは低速でも人を引き込む力があることや、安全帯にぶら下がった際に体にかかる負荷などを学んだ。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年10月15日第2268号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ