報酬得る社外活動解禁 セミナー講師が可能に オールコネクト

2019.07.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 通信インフラサービス業の㈱オールコネクト(福井県福井市、岩井宏太代表取締役社長)は、社員が社外で金銭報酬を得る個人的な活動を認める新人事制度を開始した。セミナー講師などを務めることで、業務や自己投資によって手に入れた知識・経験をアウトプットし、個人の成長に結び付ける狙い。

 金銭を得る社外活動として認めるものは、①セミナーや勉強会の開催および講師の実施、②展覧会・個展の開催、③地域活動など。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年7月1日第3215号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ