複業を週15時間解禁 正社員は短時間勤務に ネットワンシステムズ

2018.12.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 IT業のネットワンシステムズ㈱(東京都千代田区、荒井透代表取締役社長COO)は、自社の社員が他社で働いたり、他社の社員が自社で働いたりする「マルチジョブ(複業)制度」を導入した。フルタイムの正社員が同制度を利用する場合、短時間勤務に移行するのが特徴だ。

 同社の社員が他社で働く場合、会社に対して申請書を提出させる。自社に不利益を与える就労先でないかなどを確認する方針だ。

 対象は「特定の等級以上」で、目安は「新卒入社後3年以上の経験を有する社員」とした。複業先での就労時間は、1週当たり最大15時間までと定めた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年12月10日第3188号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ