【今週の視点】労災発生構造に変化 第三次産業が焦点へ

2012.12.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

防止には特有の難しさ

 わが国の労働災害発生構造に大きな変化が起こりつつある。これまで労働行政が指導や取締りの重点対象としていた建設業、製造業の労災数が急速に改善する一方、小売業や飲食業、社会福祉施設、陸上貨物運送業など第三次産業での労災がめだち始めた。労働者個人の行動に発生原因があったり、指導対象が小規模で膨大なことが、対策立案上高い障壁となっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年12月24日第2902号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ