十分な活用を促す 「事業譲渡指針」で連合

2016.10.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 事業譲渡や合併を行う企業に適用される厚生労働省の新たな「指針」を十分活用しよう―9月13日に東京都内で開催した企業組織再編時の労働組合の対応を学ぶ集会を通じ、連合が構成組織(産別)に呼び掛けた。

  指針は、9月1日に施行された「事業譲渡等指針」で、労働契約の承継・不承継をめぐる紛争防止を目的とした事業譲渡時の手続き等を定めたもの。「あくまで “指針”だが、個々の労働者や労働組合との手続きも示され、積極的に活用してほしい」(逢見直人事務局長)と促している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月26日第3082号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ