業種内で会社の健康度順位付け 協会けんぽ福島支部

2019.05.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 全国健康保険協会(協会けんぽ)福島支部は今年度から、業種内での自社の健康度の順位が分かる「事業所健康度レポート」の送付を始める。対象は同支部の健康事業所宣言事業に参加している企業で、建設業や製造業など計42業種ごとに順位を表示したレポートを8月に送付する。

 これまでも業種ごとの平均との比較は示していたが、順位があった方が分かりやすいとの意見があり、レポートの様式を改めた。メタボリスクや血圧リスク、喫煙率、生活習慣に関する問診データなどの項目ごとに順位を付ける。

 同支部では平成27年度から同事業を開始した。30年度末時点で1266社が宣言を実施している。

令和元年5月20日第3209号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ