労働の柔軟性必要――経団連が調査結果

2016.07.12 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経団連が明らかにした「日本の国際競争力調査結果」によると、わが国企業は、グローバル市場において競合企業と伍していける競争力を有し将来の見通しも明るいが、今後は「労働の柔軟性」を高めていく必要があるなどとした。

 現状の評価では、「競争力を有している」との回答が4割に達し、3年後の見通しでも「現状より高くなっている」との回答が6割を超えた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成28年7月11日第3072号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ