機械安全の基礎を 生産管理者へ講義 安全技術普及会

2018.11.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 (一社)安全技術普及会(森山哲理事長)は11月1、2日、機械安全入門講座の特別講習会を開いた=写真。講義の冒頭、森山理事長は「機械を原因とする災害は適切な安全対策によって大幅に減らすことができる」とし、機械安全の知識を災害防止に役立ていってほしいと強調した。

 機械ユーザーの生産技術管理者と安全担当者を対象とした講義は、技術者倫理から始まり機械の安全原則、本質安全設計方策、ガードや検知装置による安全防護策などを、演習を交えながら学んだ。

 同会は、長年の機械安全技術の研究成果を入門講座用のテキストにまとめたばかり。多くの技術者に体験してもらう目的で、今回は無料開催となった。

関連キーワード:
平成30年12月1日第2319号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ