足場の特別教育 積極化で労災減 建災防総代会

2016.06.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 建設業労働災害防止協会(錢高一善会長)は5月30日、第54回総代会を目黒雅叙園(東京・目黒区)で開催した。あいさつで錢高会長=写真=は、昨年各地で積極的に展開した足場の特別教育の実施などの事業活動にふれ、その結果、平成27年の建設業の死亡災害が327人と過去最少を記録したと述べ、関係者の日頃の努力に感謝の意を表明した。

 また、死亡災害の会員・非会員別の推移のデータを示したうえで、今後、建災防は非会員を含む建設業全体の災害防止に関しても取り組む必要があるとした。26年は会員74人、非会員303人となっている。

平成28年6月15日第2260号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ