法定雇用率達成企業は4割以下 民間調査

2018.11.02 【労働新聞】

 障害者の法定雇用率2.2%を満たす企業は39%――こんなデータが、人材業のエン・ジャパン(東京都新宿区、鈴木孝二代表取締役社長)が実施した調査で明らかになった。調査は従業員数50人以上の企業を対象に、同社が運営するサイト上で実施したもので、408社から回答を得た。

 昨年行った同様の調査では、当時の法定雇用率2.0%を達成している企業は57%だった。

 法定雇用率は今年4月の政令改正で、0.2ポイント上昇した。2021年4月までに、さらに0.1ポイント引き上げられる。従業員を43.5人以上雇用している企業が義務の対象になる。

掲載 : 労働新聞 平成30年11月5日第3183号3面

あわせて読みたい

ページトップ