私的旅行に2万円 派遣多く社員旅行代替策 アジアンリンク

2018.11.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 IT業の㈱アジアンリンク(東京都品川区、田邊克重代表取締役社長)は今夏、休暇を取得して旅行した社員のうち、旅先で撮影した写真を会社に提出した場合に手当を支給する「ボンボヤージュ制度」を試験的に開始した。昨年まで全社員一斉の社員旅行を実施していたが、社員の2割を占める常用型派遣の社員やワーキングマザーを中心に、日程が合わず参加を断念するケースがめだっていた。

 新制度は年度内に行った旅行や帰省に対して、1人当たり2万円支払うもの。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年11月5日第3183号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ