高年齢従業員の復職支援を評価 厚労省など表彰

2018.10.11 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚労省と(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)は、平成30年度「高年齢者雇用開発コンテスト」の入賞企業31社を集め、東京都内で表彰式を開催した。シニア層が働きやすい職場環境を整備した企業を讃えるもので、厚生労働大臣表彰最優秀賞には㈱ホテルゆのくに(=写真、石川県)を選出した。

 同社は、自動ドアの設置や椅子の軽量化といった設備面を改善したことなどが評価された。講評で登壇した厚労省の北條憲一職業安定局雇用開発部長は、「長期療養した従業員の復職支援に熱心だった」と評している。

 JEED理事長表彰優秀賞には、67歳の定年後、希望者全員を75歳まで再雇用するタクシー業の明星自動車㈱(北海道)などを選んだ。

平成30年10月15日第3180号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ