建設業のWLB推進へ施策拡充 国交省

2016.06.01 【労働新聞】

 国土交通省は今年度、建設業におけるワーク・ライフ・バランス(WLB)の推進に向けた施策を拡充する。育児休業取得者を技術者として抱える企業が同省直轄工事の入札時に不利にならないよう、入札時の評価の仕組みを変更するほか、直轄工事の一部について、WLB関連の認定制度を活用した評価を開始する。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年5月30日第3066号2面

あわせて読みたい

ページトップ