個別訪問で障害者雇用支援 法定雇用率未達成の中小企業対象 東京都

2016.05.31 【労働新聞】

 東京都は、中小企業における障害者雇用を推進するため、支援員が企業を個別訪問して雇用態勢の整備を後押しする新事業を開始した。東京労働局や都内ハローワークと連携して立ち上げる「企業支援連絡会」が訪問計画や支援方針を策定する。訪問計画などに基づき、同連絡会から委託された障害者就労支援機関の障害者雇用支援員が企業を個別に訪問し、障害者のための職務の切り出しや助成金の活用、雇用後の定着促進の取組みなどをサポートする。専門機関の紹介も行う。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年5月30日第3066号2面

あわせて読みたい

ページトップ