同一労働同一賃金は「同一企業内」――自民党提言

2016.05.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本がめざすべき同一労働同一賃金は「同一企業内」を基本とすべき--自民党がこのほどまとめた提言によると、わが国は正社員に対するパートの賃金比が欧州諸国と比べ大きいとし、改善が必要と訴えている。同提言(中間報告)では、わが国が実施すべき同一労働同一賃金について、正社員の処遇を引き下げることなく、非正規雇用の賃金引上げを目標とすると指摘。さらに企業横断的ではなく、同一企業内の同一労働同一賃金が基本とした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年5月23日第3065号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ