【今週の視点】多面評価反映は育成支援で 行動面から成長測る

2018.07.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

会社主導の人選も必要

 互いを評価し合う多面評価の取組みは、かねてから処遇への反映が難しいとされてきた。評価基準への理解が浸透していることに加え、恣意的なジャッジが起きない職場環境も欠かせない。取組みを続ける成功事例には、人材の成長度を測るという確固たるポリシーが共通する。最大のポイントになる評価者の人選については、会社主導の工夫も必要になる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年7月16日第3169号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ