小規模企業が育児後女性の雇用の受け皿に――小規模企業白書

2016.05.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 小規模企業が出産・育児後に復職をめざす女性の受け皿に――中小企業庁は、2016年版小規模企業白書を公表した。育児休業・休暇制度や勤務時間の短縮など、女性活用のための取組みが中規模企業に比べて遅れているものの、出産・育児のために離職した後に再就職した女性の4割から、育児後の復職先として選ばれている。

 16年版白書では、小規模事業者(製造業・建設業などは常時使用する従業員20人以下、卸売業・サービス業・小売業は同5人以下)における業況や人材の充足状況、女性活用状況などを分析した。

平成28年5月16日第3064号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ