チャット分析し離職未然防止も AIエキスポ

2018.04.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 最新のAI(人工知能)技術に関する商品・サービスを集めた展示会「第2回AI・人工知能EXPO」(主催・リードエグジビションジャパン㈱)が4月4~6日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれた=写真。テキストなどを通じて会話を自動的に行うチャットボットやディープラーニング(深層学習)、ロボットなどを取り扱う約300社が出展した。

 人事労務関連では、AIを活用した社員の離職防止サービスが注目を集めた。離職者の傾向を学んだAIが、ビジネスチャットにおける社員同士の会話を観察・分析し、離職者にみられがちなキーワードや会話パターンが書き込まれた際に人事担当者へ警報を発信する仕組み。企業の採用サイト上で応募希望者からの質問に答えるチャットボットも登場した。

関連キーワード:
平成30年4月16日第3157号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ