【今週の視点】荷主側へメリット提示を トラック業の時短で

2018.03.26 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

トラック業の時短で 協力企業に顕彰制度も

 国土交通省は来年度、荷主とトラック事業者の連携によってトラック運転者の長時間労働削減につながった事例をまとめた「ガイドライン」を作成する方針だ。労働時間短縮に不可欠な荷主側の協力を引き出すには、ガイドラインなどにおいて、取組みの成果・メリットと、コスト負担が分かりやすく提示されることが望ましい。長時間労働解消に積極的な荷主が社会的に評価される仕組みの導入も有効だろう。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月26日第3154号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ