外国人学生から中間搾取 国際交流団体を送検 七尾・福井労基署

2018.03.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

インターンビザで入国

 石川・七尾労働基準監督署(中村弘三署長)と福井・福井労働基準監督署(足利正宏署長)はベトナム人大学生の賃金の一部から不当に事業利益を得たとして、一般社団法人日亜国際友好協会(福井県福井市)と同協会の代表理事を労働基準法第6条(中間搾取)違反の疑いで金沢地検と福井地検に書類送検した。同協会は有償インターンシップ受入れの支援事業を営んでいる。学生をインターンビザで入国させ、インターンの報酬の一部を控除し利益を得ていたが、受入れ先での実態は接客業務に従事させるなど、労働基準法上の労働者であり、中間搾取に該当した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月26日第3154号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ