【特集】専門工事業者と防ぐKYマンネリ 有害要因の具体的把握が鍵/塩谷建設

2013.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 KY活動の効果は十分理解しているものの、すぐにマンネリ化してしまう。こんな感想を持った事業場は、少なくないだろう。塩谷建設㈱(富山・高岡市)では、KYがマンネリ化している専門工事業者を対象に店社の安全担当者が現場に出向いて繰り返し直接指導するほか、危険有害要因を具体的に出させる方法でマンネリ化防止に効果を上げている。専門工事業者と一体になった取組みという点がキーポイントのようだ。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月1日第2177号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ