陶磁器製造を廃止 技能検定職種で検討報告 厚労省

2018.03.14 【労働新聞】

 技能検定128職種のうち、陶磁器製造職種は廃止へ――厚生労働省は、技能検定職種の統廃合に関する検討会の報告書を取りまとめた。陶磁器製造について、年間30人以上の受検申請者数を安定的に確保することが難しく、「廃止すべきである」としている。

 同検討会では、直近6年間の平均受検申請者数が一定の基準に満たない職種について、統廃合の方向性を議論している。今年度は同職種のほか、機械木工、製版、エーエルシーパネル施工――の4職種について検討した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年3月12日第3152号1面

あわせて読みたい

ページトップ