【スポット】ハーネス型安全帯の普及へ 「ぶらさがり体感」行い検証も 工事責任者連絡会議でPR/藤沢労基署

2014.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川・藤沢労働基準監督署(炭竈徹夫署長)は昨年11月29日に藤沢市建設会館で工事責任者災害防止連絡会議を開き、ハーネス型安全帯の普及促進を図るため、安全帯メーカーを招いてPRを行った。メーカー各社の担当者がハーネス型安全帯の特徴や使用方法を説明。胴ベルト型の安全帯と比べ優位であることを示すため、「ぶらさがり体感」を実施し体にかかる負担を検証した。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月1日第2201号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ