3月末に設立大会 健康経営普及向け協議会 九州

2018.03.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 九州で健康経営の普及・啓発に取り組む団体が立ち上がった。㈱ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)、九州電力㈱(福岡県福岡市)、トヨタ自動車九州㈱(福岡県宮若市)のほか、病院・法律事務所など12団体が発起人となっている「九州・福岡健康経営推進協議会」がそれで、3月30日には設立記念フォーラムを開催する。

 自社社員の健康管理を経営的な視点から考え、戦略的に対策に取り組む考え方を指す健康経営の概念は、九州においてまだ認知度が低い――そういった認識に基づき設置している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月26日第3150号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ