無期転換回避広がる “外国語学校”2ケース 連合東京加盟組合が訴え

2018.02.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大学の非常勤講師を雇止めにする問題が広がりをみせたのに続き、外国語学校の外国人講師にも、4月からの「無期転換」を回避する動きがあるとして、連合東京加盟の全国一般東京ゼネラルユニオンが2月7日、会見を開いた(写真)。

 ベネッセグループのサイマル・インターナショナルと日仏学院が舞台で、100人以上の講師が働く部署を丸ごと、同グループ内の他社(ベルリッツ)に移管させることで同一事業者の下における「5年超ルール」を帳消しにしようとしているとしたのが前者。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月19日第3149号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ