【特集1】指導制度で海外工場を支援 連絡会通じ安全レベル底上げ 災害を防ぐ「人」「職場」「仕組み」づくり YKK/YKK AP

2018.02.14 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「人」「職場」「仕組み」の3つの視点から安全衛生活動を進めるYKK/YKK AP。事業横断の組織である安全衛生推進連絡会で議論した安全対策を国内外の工場へ水平展開するほか、同社が運用する「安全管理特別指導指定制度」では海外工場へ安全管理のノウハウを伝え、安全で安心して働くことのできる職場づくりを支援している。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月15日第2300号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ