無期転換ルールめぐり紛争 理事長決済で雇止め 埼玉県労委

2018.02.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

学園に団交応諾命令

 埼玉県労働委員会(野崎正会長)は、無期転換ルールに関する団体交渉に応じなかったとして、学校法人開智学園を不当労働行為と認定した。同学園は昨年3月に無期転換への対応方針を決定。同方針の撤回などを求め、組合が団交を申し入れたが、非常勤の組合員がいることが明らかでないとして拒否した。同労委は雇止め増加により非常勤以外の教諭の労働強化が想定されるとして、非常勤の在籍にかかわりなく、団交応諾義務があるとした。命令を不服とした同学園は、中央労働委員会に再審査を請求した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月12日第3148号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ