【特集1】大企業に負けない! 中小のコスモス事情 安全目標定めて定着図る

2016.04.01 【安全スタッフ】

 人手の限られた中小事業場であっても、安全最優先の強い気持ちで大企業に負けない活動を行っている企業は少なくない。山梨・都留市に本社を置く山英建設㈱は、建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS、通称:コスモス)導入に当たって、「短期工事安全シート」を活用し、リスク低減措置や安全目標を現場へ普及している。さらに、帳票類と安全のマニュアルを関連付けした「システム逆引き体系図」が社員への理解を促進する。花和産業(神奈川・横須賀市)は、過去10年のヒヤリハットを分析し、安全目標を設定。コスモス掲示板を通じ、社員の安全意識を高揚させている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成28年4月1日第2255号

あわせて読みたい

ページトップ