相談窓口を明確に 治療と職業生活の両立で 厚労省がガイドライン

2016.03.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」をまとめた。がんなどの疾病を持つ労働者に対して事業者が行うべき適切な就業上の措置や治療への配慮に関する取組みを助言したもの。相談・申出を行える相談窓口の明確化、時間単位の休暇制度・時差出勤制度などの検討・導入などを挙げている。「がん」に対する留意事項も盛り込んだ。

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年3月15日第2254号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ