奨学金、4割がリスク知らずに借りる――中央労福協がアンケート

2016.03.17 【労働新聞】

 34歳以下の2人に1人が利用し、その4割強が3カ月の滞納でブラックリストに載るリスクを理解しないまま奨学金を借り入れていることが、連合や労働者福祉関係の事業団体などでつくる労働者福祉中央協議会(神津里季生会長)の調べで分かった。不安定雇用や低賃金労働の増加で返したくても返せない人々が増加しており、数百万円の借金を背負ったまま社会に出て行く若者の姿を見過ごせないとして、300万筆近く集まっている署名を近く総理官邸に持ち込む計画を立てている。

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年3月14日第3056号6面

あわせて読みたい

ページトップ