体験型研修施設で社員交流促進 オタフクHD

2018.01.31 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

画像はイメージです

 オタフクソース㈱などを傘下に収めるオタフクホールディングス㈱(広島県広島市西区、佐々木茂喜代表取締役社長)は今月16日、役職を抜きに社員同士がコミュニケーションを深められる体験型研修施設「清倫館」を開所した。

 山口県平生町に完成した同施設は、自炊などを行える土間、多人数で座れる囲炉裏の付いた机、工作室などを完備。今後、全社員が順番に宿泊してコミュニケーションを深めていく方針だ。家族旅行などでも活用できるようにし、福利厚生対策としたい思惑もある。

関連キーワード:
平成30年1月29日第3146号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ