【賃金調査】情報労連/ITエンジニアの労働実態調査 大卒35歳モデル31.6万円に

2018.01.15 【労働新聞】

SEのレンジ26万~40万円 ピークでは初任時の2.1倍

 情報サービス産業で働く大卒・基幹職のモデル賃金は、22歳20.7万円、35歳31.6万円、45歳40.3万円、ピークの55歳43.6万円に――。情報労連の「ITエンジニアの労働実態調査」で明らかになったもので、初任時と比べると35歳は1.53倍、ピーク時は2.11倍の水準だった。職種別の平均賃金は、プログラマー22.7万円、SE31.6万円、プロジェクトリーダー等39.5万円、システムコンサルタント等47.2万円などとなっている。回答企業の最低額・最高額から求めたSEの賃金レンジは25.8万~39.9万円、プロジェクトリーダー等は33.6万~47.8万円だった。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年1月15日第3144号8,9面

あわせて読みたい

ページトップ