企業は正社員増加を 福岡経済同友会が提言

2018.01.16 【労働新聞】

 福岡経済同友会(貫正義代表幹事ほか2人)は、国の政策の質的な向上をめざし、「福岡から日本を変える」と題する提言をまとめた。

 提言では、わが国の抱える課題を5つ取り上げている。たとえば、所得格差の拡大と若者の貧困について、非正規雇用率が高まってきており、将来に対する希望が持ちにくい状況に置かれているとした。英米のように、階級間の対立や社会不安の惹起につながりかねない。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年1月15日第3144号5面

あわせて読みたい

ページトップ