無効な36協定と判断 使用者が”代表者指名” 須崎労基署が送検

2016.03.03 【労働新聞】

 高知・須崎労働基準監督署(上谷好正署長)は、有効な36協定を締結せずに時間外労働をさせたとして、一般貨物自動車運送業の㈲丸光運輸(高知県高岡郡)と同社代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで高知地検に書類送検した。発覚の端緒は、平成27年4月18日、同社労働者が冷蔵保冷車を運転中、歩行者を死亡させる事故を起こしたこと。調査の過程で、長時間労働の実態が明らかになった。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年2月29日第3054号3面

あわせて読みたい

ページトップ