“クラシノソコアゲキャンペーン” 連合が道行く人々の不満に直訴

2016.02.17 【労働新聞】

 連合が、道行く人々に「自身の給料水準に疑問を持って」と呼びかける行動を展開している。底上げ・底支え、格差是正を最大の狙いとする16春闘の一環で、自らを「クラシノソコアゲ応援団」と位置付け、町にあふれる大企業の正社員以外の人々が抱える日々の不満に直接訴え、世論の喚起を狙っている。2月1日の週には連合本部として東京都内の主要駅頭で展開。開始から3年経ったアベノミクスが、中小や非正規労働者に恩恵をもたらしていない現実を指摘しながら、連合の底上げ春闘に理解を求めた。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年2月15日第3053号6面

あわせて読みたい

ページトップ