「一人ひとり」が安全を 創立50周年で記念大会 港湾災防

2014.11.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 港湾労災防止協会(藤木幸夫会長)は10月17日、メルパルクホール(東京・港区)で「創立50周年記念第51回全国港湾労働災害防止大会」を開催した。藤木会長は50年前と比べて災害発生件数が激減したことをあげ、「安全な港を築いた誇りを持ちたい」と会場の参加者を激励した。また「安全は一人ひとりがその日その場でつくるもの」と今後、さらなる安全活動の強化を誓った。

 大会では、同協会東京支部安全衛生委員会による「指差呼称演練」(写真)や筑波大学医学部の松崎一葉医療系教授が「働く人のメンタルサポート~よくわかる新型うつ~」と題する特別講演が行われた。

平成26年11月15日第2222号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ