面接指導の未実施は罰則 月100時間超へ実施義務課す 「高度プロ制」対象で安衛則改正 厚労省

2015.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働大臣は、厚労省労働政策審議会に「労働基準法等の一部を改正する法律案要綱」を提出した。2月13日に公表した審議会建議「今後の労働時間法制等の在り方について」に基づくもので、長時間労働対策に重点を置く内容となっている。労働時間の規制をなくし時間外手当の支払義務を除外する「高度プロフェッショナル制度」の適用労働者について、月100時間超の時間外労働の者への面接指導実施を義務付け、違反事業者には罰則を科すとしている。同制度の適用者限定とはいえ、申出を条件としない実施の義務化は初めて。全体の対策では、月60時間超の割増賃金率5割以上を中小企業にも拡大するほか、年次有給休暇の最低取得日数を5日に定めて罰則を設ける。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月15日第2230号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ