技能実習生の労災3月未満が1割超 香川労働局調べ

2017.12.07 【安全スタッフ】

78049bb77fc89c838c595f0943703a2e_s 香川労働局(辻知之局長)は、管内の外国人技能実習生の労働災害発生状況をまとめた。平成28年の休業4日以上の労働災害は15件で、事故の型別にみると、「はさまれ、巻き込まれ」5件(33.3%)と「切れ、こすれ」5件(同)がそれぞれトップ。経験期間別では、「1年以上3年未満」が10件(66.7%)と最多だったが、「1月以上3月未満」も2件(13.3%)と少なくなかった。

掲載 : 安全スタッフ 平成29年12月1日第2295号

あわせて読みたい

ページトップ