タクシー労働者 組合員2500人が結集 ライドシェア断固反対と

2016.03.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

関係8産別 初の共闘

 全国からおよそ2500人のタクシードライバーが3月8日、東京・霞が関の日比谷公会堂に結集し、"白タク合法化"を断固阻止しようと気勢を挙げた。2種免許を持たない一般人でもタクシーの配車アプリを搭載した自家用車で有償輸送を可能にするもので、一億総活躍社会への寄与を期待する政府が、地方とりわけ過疎地での解禁をめざしている。運動路線が異なる関係8産別が初めて共闘、実行委員会形式で開催した。

 実行委員会の伊藤実代表は冒頭、参加者が場外にあふれるほど集まった会場の光景を前に、「8産別が路線を越えて結集した歴史的な集会。白タク問題に対する危機感の表れでもある」と切り出した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月21日第3057号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ