【今週の視点】扶養手当は育児重視へ

2016.02.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

大手2社が先行例 配偶者外し一律2万円に

 日本を代表する自動車メーカー2社が、扶養手当の支給対象から配偶者を除外する改革に舵を切った。育児や介護に従事する社員への支給を1人2万円と手厚くする一方、複数年かけて完全移行を進めていく。家族構成が多様化し、従来の標準的な世帯モデルとの乖離が広がるなか、普及に拍車をかけるリーディングケースとしての役割が期待される。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年2月15日第3053号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ