「ゆとり世代」育成へ好事例 人事担当OB活用を 愛知経協報告書

2013.06.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

面談通じ仕事の意義伝達

 愛知県経営者協会(清水順三会長)は、「ゆとり世代」などに代表される若年世代の職場進出に対応した人材育成面での工夫が必要とみて、報告書「みんなで育てる若年世代~若年世代育成の実態と企業事例~」をまとめた。アンケート調査で「『人とつながりたい』『相手に伝えたい』との意識が強い反面、対面的なやり取りが得意でない」という若年世代の特性を把握。定年退職した人事経験者をアドバイザーとして活用し、若年社員との面談を通じて「働くこととは何か」などキャリア全体について考えさせている企業など35社の事例を紹介している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年6月24日第2926号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ