「多様な人材」活用へ 東京経協が定時総会

2013.06.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京経営者協会(三浦惺会長)は6月13日、第68回定時総会を開催した=写真

 三浦会長は開会あいさつで、「東京における総合経済団体として、企業が成長し、雇用が維持・拡大されるよう活力ある経済・社会の実現をめざして取り組んでいく」と宣言し、「経営層から担当者までの幅広い層を対象とした交流会を実施したり、女性や外国人などの多様な人材の活用に向けた取組みを強化するほか、産学連携による人材育成など様ざまな活動を推進する」と語った。

 議事では、25年度事業計画案のほか、28年度まで3カ年の中期事業活動計画案などを承認した。中期計画案には、労使紛争リスク予防に向けた取組みの強化やグローバル人材の育成支援などを盛り込んでいる。

関連キーワード:
平成25年6月24日第2926号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ