新卒採用拡大へ 大学向け説明会 医薬品開発受託業界

2013.08.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 製薬会社から臨床試験などの医薬品開発業務を受託する企業(CRO=開発業務受託機関)の業界団体である日本CRO協会(一木龍彦会長、28社加盟)は、優秀な新卒者をCRO業界に呼び込むため、医療系および理系大学の就職担当者などを対象とした業界説明会を東京都内で開いた。

 説明会では、医薬品開発競争の激化を背景とした業務量の拡大を受けて、新卒採用を積極化している現状を紹介。平成25年4月入社者の採用実績は前年比5割増の573人に上り、26年4月入社予定は、さらに2割増を見込む。薬学に限らず理系の学生に幅広く門戸を開いている点を強くアピールした。

 このほか、若手社員がパネルディスカッションを行い(写真)、就職活動を経験した立場から、大学就職担当者に期待する学生支援のあり方について意見を述べた。

平成25年8月12日第2932号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ