コース別管理に「指針」 雇用均等対策充実 厚労省

2013.11.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「間接差別」も拡大へ 省令改正案などを作成

 厚生労働省は、今年9月にまとめた報告書「今後の男女雇用機会均等対策について」に基づく省令・指針案を作成した。省令改正案では、「間接差別」となる対象事項を拡大している。コース別雇用管理における募集・採用で、転居を伴う転勤に応じることを要件としてはならない対象について、「総合職」の限定を外した。さらに、現行では通達に留めているコース別雇用管理の留意事項全体を「指針」に格上げする。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年11月25日第2946号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ