自由化業務 5割超が直接雇用へ転換 派遣期間の限度後に 厚労省・最新実態調査

2013.04.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

クーリング期間利用わずか

 厚生労働省は、最新の派遣労働実態調査を明らかにした。自由化業務において、派遣可能期間の制限の前日まで派遣労働者を受け入れた経験のある派遣先事業所割合は21%で、そのうちの54%が直接雇用に切り替えていることが分かった。そのまま継続して派遣を受け入れたり、他の部署に異動させて継続した派遣先も合わせて21%と少なくない。クーリング期間経過後に、同一の業務に再度派遣を受け入れたことのある派遣先は2%とわずかだった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年4月22日第2918号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ