パワハラ対策で好事例集を作成 厚労省・全17社紹介

2013.10.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、職場のパワーハラスメント対策ハンドブックを作成した。パワハラ予防・解決に向けた取組みの推進に向け先進17社の好事例などを紹介している。

 好事例は、製造業、建設業、社会福祉施設など様ざまな業種にわたっている。愛知県の化学工業(従業員約450人)の事例では、社内ホームページに「ハラスメント対策ページ」を開設するとともに、休憩室やトイレに相談窓口案内を掲示。埼玉県内の病院(同400人)では、労働安全衛生活動の一環として取り組み、産業医を招いて講演などを実施している。ハンドブックは、労働基準監督署などで無料配布するとともに、全国50カ所でセミナーを開く。

平成25年10月14日第2940号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ