特例子会社の要件緩和を 雇用みなし制も提起 厚労相らに12経協連名で

2014.11.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

障害者雇用で意見集約

 愛知、三重、岐阜など全国12経営者協会は連名で、障害者雇用に関する意見書を厚生労働大臣らに提出した。改正障害者雇用促進法の施行に向けて企業側の声を取りまとめたものだ。現在認定が下りにくい特例子会社の認定基準緩和や、障害者を派遣労働者として受け入れた場合、派遣元・派遣先が2分の1人ずつ雇用したとカウントする制度の新設などを求めた。法定雇用率のさらなる引上げに対しては、まずは現在の目標数値達成を優先すべきとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月3日第2991号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ